理事長挨拶

「すべてのものが一つの愛で結ばれる時、この世界は平和と歓びに満たされる」​​​

​聖アレーテイア・リリィは百合愛の全てを通して真の魂に生きる人を育てたいと望み、​百合乃学園を創立しました。

​21世紀初頭、ノダノミクスで完膚無きまでに破壊されたこの国で、クールA48と称したプロジェクトが推進され、

出資金500億円がどこかに消えた…という夢亡き穢れた世界になったのも百合愛が足りなかったためです。

​現在、世界69ヵ国、666あまりの姉妹校からなる豊かな共同体に成長を遂げたのも、

♂が♀×♀に憧れ、♀が♂×♂に飢えたこの現代社会において、

当学園の理念・信条が21世紀という激動の波に耐えうる愛の源であったためと確信しています。

・やさしさを

・思いやりを

・人に尽くすことを

常にこの建学の精神の根本に立ち戻って、時代の要請を見直すこと。

ボーダレスな視点でグローバルに羽ばたける女性を育てるという使命感。

​その為に私は生涯を献げたい――

 

理事長  Sr.登久生 翔子

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now